胃下垂でも太る方法

「胃下垂うらやましい」と言われ過ぎていい加減イライラしてきたので、このサイトを作りました。

胃下垂で悩むばかりでなく「太りたい」と声に出して前向きな気持ちに

   

私の叔母は胃下垂です。

叔母は現在50代、団体職員として長年勤めている様子を見てきましたが、太りたいと話しているところを見たり聞いたりした経験がありません。

 

叔母の頭には「胃下垂は痩せている」と言う一般常識がありません。

それくらい、昔から健康的に太っております。

 

 

今回「胃下垂の太り方」を知りたい方がいらっしゃる事を改めて知り、太る方法と太り方を、私の独特な見解から述べさせて頂きます。

太る為には明るく前向きに食事を楽しむことが大切

まず、私の叔母はいつも明るく前向きに食事を楽しんでおります。

実際、胃下垂の太り方を聞かれた事があるようですが、「太りたいなら明るく太ろう!と言葉に出しながら食事を楽しんでみては?」とアドバイスをしたそうです。

 

とても面白いですね。

我慢や焦り、落ち込みや考え過ぎる、などは論外のようでして、ノリノリでテンポの早い曲をBGMでかけながら食事をする事も重要ポイントなようです。

 

 

精神面やスピリチュアル関連の本などでも紹介されておりますが、音楽が身体に与える影響は意外と強いものです。

テンポの早い曲を聴きながら「楽しんで太りたい!」と言葉にして食事をする。

 

確かに、例をあげますと、病院・喫茶店・ファミリーレストラン・バー…それぞれBGMのテンポが違います。

メンタルに深く関わっていると思います。

目的を口に出して言ってみること。太るという行為を楽しんでみる

理想的な太り方は人それぞれあることでしょう。

ただここで、これまでの人生を思い返してみますと、好きな人とワクワクしながら食事を摂る行為…いっけん「胃下垂の太り方」にはなんら関係の無いような話かもしれませんが、子供の頃の運動会の様子を思い返して頂けませんか?楽しい雰囲気の中のお昼ご飯タイム。

 

 

皆さんイキイキワクワクとお弁当を食べていたことと思います。

私の叔母も、私の運動会には必ずお弁当を持って応援をしに来てくれていました。

 

その頃から叔母は健康的に太っておりました。

太る方法として食べることも大切ですが、それよりも前に「明るい気持ちや雰囲気を保つこと」が大切です。

 

 

私自身も、太る方法をたくさん考えて考えて暮らしている方々を想像をするよりも、明るくイキイキと太る方法を実践している方々を想像すると、なんだかこちらまで楽しく幸せになってくる気がして嬉しいです。

胃下垂の太り方で一番大切なことは「太りたい!」と言葉にして「明るく太る方法を実践する」こと。

 

何に対しても、言葉にするとポテンシャルが上がり「自分にも出来るんだ!」と言うワクワクした勇気が出てまいります。

胃下垂の太り方として、1日に何度も「太りたい!」と言う。

 

 

言う行為も、太る方法のひとつになるかと思います!

 - 胃下垂でも太る方法