胃下垂でも太る方法

「胃下垂うらやましい」と言われ過ぎていい加減イライラしてきたので、このサイトを作りました。

胃下垂の人は食後に左側を下にして寝れば体に栄養が吸収されやすい

   

痩せている人の中には、「私、胃下垂だから太れないの…」という人は少なくありません。

痩せているということは、普通体型の人から見るとうらやましいことでありながら、実は胃下垂の人は太りたい!という切実な悩みを抱えていることがあるのです。

 

それはなぜでしょうか。

痩せているということは、時に不健康に見えることがあります。

痩せすぎで周りの目が気になる…様々な体調面での問題も

自分は元気であっても、その体重がベストな体重かなと思っていても、周りは、痩せすぎ、折れそうなくらい細いなど、ついつい思ってしまうことがあるのですね。

そのようなことを言われると、本人は元気でも周りが過度に心配するので、もっと体重を増やした方がいいのかな?ともうちょっと太りたいと思ってしまうこともあるのですね。

 

 

また痩せていることは、脂肪や筋肉量も少ないということ。

そのため体力的がないということが問題となることも。

 

体力は自分で体の調子を整えたり、日ごろから運動習慣をつけることによって鍛えることもできますが、胃下垂の場合は、胃の下部が垂れ下がっていて、消化が悪い、栄養が十分に吸収できないということがあるため、なかなか十分に体の調子を整えることが出来ないのですね。

その結果体力もない状態となってしまうのです。

 

 

そんな問題があると、胃下垂の人も太りたい、太り方を知りたいということになるのです。

では胃下垂の人が太る方法はあるのでしょうか。

太るためには消化の良いものを摂ることと、胃に食べたものを留めること

その一つは、消化の良い物を積極的に摂取することです。

胃下垂が原因で消化が悪い状態になっているのであれば、消化の良い物を食べて栄養の吸収をよくすることが一番です。

 

そして次に大切なのは、食後可能であれば左側を下にして休むこと

胃というのは構造上、右側を下にすると腸の方に流れてしまいやすくなります

 

 

もしも太りたいと思っているのであれば、食べたものを少し体の中にとどめておくことが大切。

すぐに腸に流れてしまうと、太る方法としては適しません。

 

そこで食後に心掛けたいのが、左側を下にして寝ておくこと

こうすることにより、食べたものの胃の停滞時間が長くなり、より栄養を吸収することが出来るのですね。

 

 

栄養を吸収することが出来るということは、カロリーを取ることもできるということです。

そのため胃下垂の人でも毎日少しずつカロリーを増やしていって、太ることが出来るのですね。

 

胃下垂の人の太り方というのは、急激に行うと胃もたれなども起こすことがあるし、注意が必要です。

そのため太り方には注意をするとともに、自分なりに太る方法を見つけて実践していくことが大切です。

 - 胃下垂でも太る方法